女性経験がある看護師MEさんにクンニ奉仕(後半)【過去の舐め犬経験談(16)】

女性経験がある看護師MEさんにクンニ奉仕(前半)の続きの話になります

初対面直後にホテルに行って舐める…舐め犬以上に女性の方が不安だったり緊張もすると思うのですが、MEさんはお会いした時から緊張される事が無かったようでしたので自分もいつも以上に舐める事に集中できたように思いました
続けてそろりそろりとMEさんのパンツを少しずらし…ゆっくり顔を近づけてアソコに舌を当て、ペロペロと舌全体を使いMEさんのアソコを舐めあげてクンニを始めます

「まずゆっくり全体舐めて…?」「あっ…いいよ…」
MEさんの反応にますます興奮して出てくる愛液を味わうように夢中で舐め回します。更にアソコを口で吸うと…
「あっあっ、今の続けて…」
今の良かったのかな?もう一度口全体でアソコを覆い、吸うのを何度か繰り返します。
「そうそれ気持ちイイ…」「もっと強く舐められるの好きかも…」
そう言うと股の間にある僕の頭を両手でアソコに押しつけます。顔全体が更にMEさんのアソコに密着して息が出来なくなりそうに…でもMEさんの太股とアソコに埋まっているという状況に、苦しい以上に興奮して自分のモノが痛いくらいギンギンになっている事に気づきます
そんな中、口と舌を精一杯使ってMEさんのアソコにしゃぶりつくと更に興奮を誘うMEさんの喘ぎ声。続けているとMEさんが立ち上がってパンツを脱ぎ、再度クンニ開始。

僕の顔を押さえつけた状態のMEさんの両手は、徐々に上のクリトリスの方へぐいっと僕を誘導します。
「あんっ…!そうそこっ…そこ舐めて!もっと…!」
「ねぇ指入れて…指入れながらクリ舐めて…」
MEさんは道具で多少刺激慣れされているのかいつもより少し強く、でも舌はなるべく柔らかい状態を維持しながら舐めます。同時にゆっくりと指を入れてGスポットあたりで止め、クリ舐め+指入れの愛撫に移ります

MEさんの反応と喘ぎ声を受けながらしばらく愛撫していると、MEさんの全身が小刻みに震えはじめ
「ああぁぁっ…!」
ビクンッビクンッとMEさんの身体が大きく動き顔にアソコが強く当たりました。そして両手で顔が引きはがされMEさんが呼吸を整えます
「はぁ…人にされて初めてイけたかも…笑」
今まで恥ずかしい素振りを見せなかったMEさんが少し恥ずかしそうにしていたのが印象的でちょっとドキっとしてしまいました

一度イったらしばらくは刺激されるのが苦手になるとの事だったので残りの時間は雑談をしつつ率直な感想を聞いてみたところ
男の人の方が刺激が強いけど闇雲に強いだけじゃなくてユウキさんは上手い事刺激してもらえたから気持ち良かった、けどやっぱり女性の柔らかさやちょっとした女性らしさが恋しくなる…との事でした。ごもっともです…舐め犬の自分も女性はとても柔らかく素敵だと思います…

帰宅時には「また舐めてね」とMEさんからメールを頂けると、先ほどの行為を思い出してまた興奮してしまうと同時に”MEさんに気持ち良くなってもらえた”という事に心がすごく満たされる感覚がありました。その後2回ほどお会いした後にMEさんはまた女性の方とお付き合いされたようで関係はそれで終わりましたが…個人的に何となく印象に残っていた女性の方との舐め犬のお話でした

過去の舐め犬経験談は他にもありまた書く予定でいますが、次からはこの”舐め犬ブログ”をご覧頂き有難くもご連絡下さった方との舐め犬経験談を書く予定です

   

舐め犬ユウキにクンニさせてみませんか?

長時間ずっとクンニさせたい、イくまでずっと舐めさせたい…そんな女性の方がいらっしゃいましたら舐め犬ユウキをお使い下さい。下記からご連絡をお待ちしております